【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

スケジュールの立て方

スケジュールはどんな感じがいいでしょう?

 

スタンダードなスケジュールとして、
二連休の休みを利用し、二泊三日で具体的に考えてみます。

 

※一日目

 

19時、出発!
折角なので、前の日から出掛けてしまいます。
宿泊場所までは余裕をもって到着。
外食するとしても21時〜22時には、
宿泊場所に到着するようにしたいですね。

 

※二日目

 

6時〜7時、起床
朝はなるべく早くから行動したい。
人の生活が始まる前の景色というのは、
普段見ている景色とは違って見えるものです。

 

また、朝日を眺めてみるのも一興。
季節にもよりますが、そんな時は更に早起きが必要です。

 

8時、出発
朝食はどこか外食でとっても良いけれど、
時間的に開店前、準備中が多いので、
コンビニでささっと済ますのが良いと思います。
前日に用意しておくと、行動がスムーズです。

 

8時〜11時、移動
目的地までの距離にもよりますが、
昼前までには第一の目的地まで到着しておきたい。
その分、ゆったりと観光時間を楽しめます。

 

11時〜15時、ぶらり時間
目的により内容は変わりますが、
この時間帯が観光するにも、
レジャーを楽しむにもベストかと思います。

 

15時〜17時、移動
本日の宿泊場所に向けてゴー!
帰宅渋滞を避けるためにも、
また、道中の景色を楽しむためにも
この時間帯に移動を済ませたいところです。

 

17時〜19時、ぶらり時間
夕方から夜にかけては、
景色も空気も旅のロマンを最高に掻き立てる時間です。
季節によって時間帯は調節。
暗くなる前に買い物などの雑用を済ましておくのも良いでしょう。

 

19時〜22時、くつろぎ時間
自由な夜を楽しむ時間帯です。

 

夜景見学や星空観測、夜のイベント参加の場合は、
くつろぎ時間というより、行動時間になりますが。
入浴なんかもこの時間帯に楽しみたいですね。

 

22時、寝る

 

わくわくして寝るのが勿体なくもありますが、
次の楽しみのためにも、しっかり睡眠はとる。
車の運転に寝不足は禁物です。

 

※三日目

 

6時〜7時、起床
8時〜10時、ぶらり時間
前日のうちに目的地へ行っておき、
朝ならではのレジャーを楽しむ。
散策や釣り、バードウォッチングなんかはどうでしょう?
写真撮影も朝は最適です。

 

10時〜12時、移動
12時〜15時、ぶらり時間
15時〜帰省。

 

一日中遊んでいたいとも思うでしょうが、
ここは早めに帰省し、次の日の充電をしておきたいところ。

 

ざっとこんなスケジュールをスタンダードにし、
目的、期間に応じてアレンジしていくと良いでしょう。