ひとり旅の楽しみを広げるには?

物足りなくなりがちな一人旅は、もっと楽しく、満足のいくものにするためには…?

 

ひとり旅の楽しみを広げるには?記事一覧

結論から言いましょう。私的には必須とは思っていません!都会の商業車には必須ですが、車旅においてはむしろ地図を見ながら、あれこれ試行錯誤する事。これが旅の醍醐味なのだ!・・・と、声を大にして言いたい!・・・ところですが、いやいや、カーナビの威力には平伏するようになりました。私自身が都会住みではなく、通常時にほとんどその機能を必要としないせいで、必要性を感じていなかったのです。しかし他人の車に付いてい...

気ままにぶらり旅。通常ならば一般道で余裕を持って走行。こんなスタイルで旅の道中を楽しむのが王道です。しかし短時間での移動や、一気に距離を稼ぎたい時、高速道路の存在は欠かせません。さて、そこでETCです。いちいち料金を払う煩わしさがない、というメリットは当然ですが、一番のメリットは何と言っても料金!一時期の休日無料とか、休日千円乗り放題、というサービスは、無くなりましたが、現在でも割引サービスは継続...

個人的な思い入れもありますが・・・一人旅に欠かせない物のひとつに音楽があります。運転中のBGMとしてはもちろん、車窓からの景色と音楽がマッチした時の高揚感は、たまらないものがありますし、心が渇いている時にも、最高の精神的カンフル剤になります。今や車に音楽再生装置が付いていない車は、ほとんど無いと思いますが、カーステレオも色々進化していますね。ステレオ自体にハードディスクが内蔵されていたり、カーナビ...

旅といえば写真。写真に精通している方々には、いうまでもありませんが、今や写真は誰しもが、気軽に美しく撮れる時代になりました。携帯やiフォンの写真機能のおかげで、専用のカメラがなくても楽しめますが、ぜひとも、デジカメは持っておきたいところ。コンデジなどは驚くほど安価で、高性能の物が市場に出回っています。私も以前はほとんど写真には無頓着でしたが、一台のデジカメとの出会いのおかげで、旅の楽しみが大きく広...

思い焦がれていた観光名所。中には実際に行くと落胆・・・という事もありましたが、やはり「名所と呼ばれるだけあるなぁ」という印象を持ちます。何度も訪れたくなるお気に入りの場所。多くの人がそんな気持ちになるからこそ、観光名所となっているのでしょう。私が訪れて、印象深い名所を挙げていきます。知床言わずと知れた世界遺産。夏のハイシーズンには多くの人が訪れ、弱冠興ざめにますが、海と山が見事に調和した原始の姿は...

離ればなれになった友人達。人生には別れがついてまわります。就職・結婚などで遠く離れた友。なかなかおいそれとは会えませんね。今回は一人旅という主旨から多少ぶれる事になりますが、中長期で旅に出かけられるなら、是非、こうした友に会う機会を加えてはどうでしょう?近況を報告しあうような、邂逅を懐かしむ以外にも、一人旅で飢えているであろう、人恋しさを満たしてくれる事でしょう。また、お互い気心が知れた仲であれば...

ぶらり旅で巡る場所。行った事の無い場所とある場所。その比率はどのくらいでしょう?これは人それぞれの嗜好、あるいは旅のテーマの決め方によるでしょうが、私の場合は五分五分もしくは、行った事のある場所を再訪する比率が高いです。メインテーマはまだ見ぬ場所に設定する事になりますが、以前心に刻み込まれた場所を、新たなテーマや価値観でもって眺め直したい、あるいは違う季節で楽しんでみたい。そんな気持ちで道中に加え...

ハックルベリーやトムソーヤになりたい。そんな思いは誰しもが抱くのかも知れません。まあ冒険といっても、インディジョーンズのような事をする!というわけではなく、極々些細な冒険で構わないのですが・・・旅はその些細なる冒険心を満たしてくれる最高の舞台です。そもそも旅に出るという行為自体が冒険的なのですが。それは気ままなぶらり旅でも決して損なわれません。冒険的な旅というと、どうしてもワイルドなフィールドを、...

朝日と夕日が大好きであります!まぁ、大半の人は好きですよね。眠れない夜に迎えた朝日とか、もっと楽しみたかった日の夕日は、寂しいものがありますが、基本的に朝日と夕日は本能的に、何かを刺激するような気がします。また日が昇る前、日が暮れた後の薄明るい時間帯−マジック・アワーは、映画の撮影にも最高の時間帯といわれ、景色や人々の営みが美しく彩られ、生き物達も活発になります。釣りをするなら絶対に逃せられぬ時間...

長旅になればなるほど、気に入った場所が見つかるはず。そんな時は、じっくり腰を据えて、その土地を心ゆくまで探ってみたいものです。日本人の心の故郷といえば、京都、奈良に代表される古都でありましょう。しかしスケールは違えども、小京都と呼ばれるような古都が全国に点在します。こういった古都には神社・仏閣が建ち並び、城下町や門前町が人々の生活や自然と調和し、また歴史的史跡やイベントが豊富にあり、旅情を盛り上げ...

比較的新しい呼び方でもあるパワースポット。ただの観光地としてではなく、霊山にように何かしらのエネルギーが、存在するのは間違いありません。ある意味流行りコトバ的に使われているパワースポットですが、旅の目的には「癒し」「活力」があります。パワースポットというと、「何となく流行りに便乗してるような・・・」と思う方もいるかも知れませんが、古代から旅人はこういった場所を求めていたのでしょう。比叡山、高野山、...