【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

デジカメが楽しみを広げる。

旅といえば写真。

 

写真に精通している方々には、
いうまでもありませんが、
今や写真は誰しもが、
気軽に美しく撮れる時代になりました。

 

携帯やiフォンの写真機能のおかげで、
専用のカメラがなくても楽しめますが、
ぜひとも、デジカメは持っておきたいところ。

 

コンデジなどは驚くほど安価で、
高性能の物が市場に出回っています。

 

私も以前はほとんど写真には無頓着でしたが、
一台のデジカメとの出会いのおかげで、
旅の楽しみが大きく広がったような気がします。

 

ほとんどカメラ任せでも、
充分美しい写真が撮れますが、
少し慣れてきたならば、
マニュアルを調節してみましょう。

 

一眼のように、シャッタースピードや露出を
微調整するレベルまでいかなくとも、
更に味のある、撮した人の個性が表れる写真になります。

 

まず露出補正という機能があります。
通常だと数値はプラスマイナスOにセットされてますが、
明るめの画面にしたい際にはプラス、
暗めの画面にしたい場合にはマイナスと、
数値を変えるだけで、驚くほど印象がかわります。

 

もうひとつは、ホワイトバランス。
これは色温度の事で、
外部光の種類によって、
実際に見えているような色に仕上げる機能です。

 

オートでも、もちろん大丈夫なのですが、
例えば朝日や夕日のオレンジ色を強調したい場合は、
晴れのポジションにセットします。

 

また、水辺や雪などを青みがかった雰囲気にしたい場合、
蛍光灯や室内等のポジションにする事で、
アート性が増します。

 

このように好みの作品を試行錯誤する事で、
ますます写真の世界が広がると思います。

 

また、写真の世界が広がる事で、
行きたい場所や、
景色の楽しみ方、
ビューポイントを見つける嗅覚が、
レベルアップするでしょう。

 

しかし、肉眼で感じ記憶に残す事。
何と言ってもこの点が一番ですけどね。