【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

旅は冒険心を掻き立てる。

ハックルベリーやトムソーヤになりたい。

 

そんな思いは誰しもが抱くのかも知れません。

 

まあ冒険といっても、
インディジョーンズのような事をする!
というわけではなく、極々些細な冒険で構わないのですが・・・

 

旅はその些細なる冒険心を満たしてくれる最高の舞台です。
そもそも旅に出るという行為自体が冒険的なのですが。

 

それは気ままなぶらり旅でも決して損なわれません。

 

冒険的な旅というと、
どうしてもワイルドなフィールドを、
駆け巡るといったイメージですね。

 

確かに野山、あるいは川や海など、
自然と一体化するというのは、
冒険心をくすぐります。

 

やはり代表は登山ですね。
本格的な登山は主旨からずれてしまいますが、
展望の素晴らしい低山や、
神社仏閣などの参道、
あるいは高山湿原や沼・湖を制覇するのは、
何とも征服感を満たしてくれますし、
そこからの眺めも、格別なものとなるでしょう。

 

また歴史的建造物や、歴史的人物の足跡、
鉱山跡や鍾乳洞などを訪れる事でも、
冒険心が沸き立ちます。

 

ほとんどの各市町村には、郷土資料館的な施設があります。
中にはその土地の沿ったテーマに特化した資料館があり、
そういった施設を訪れると、さらにその土地への理解が深まり、
見えてくる景色も違ってきます。

 

文学の舞台になった土地を巡るのも同じです。

 

これらは肉体を酷使しない、
精神的な冒険とも言えるでしょう。

 

体力的にムリは出来ない中高年の方々のぶらり旅には、
是非取り入れたい要素ですね。

 

また、川下りやハングライダー、
バンジージャンプにスキューバなど、
体感したくなるのも旅ならでは。
体力と時間と旅費に余裕があれば、
取り入れてみてはどうでしょう。

 

ただし、リスキーな事を体験する場合は、
それなりの準備と覚悟を持って下さい。