【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

男なら、テント泊。

一人旅の宿泊方法としては、
王道とも言えるかも知れません。

 

短期の場合だと、ドライブ旅の時間が削られ、
キャンプメインになってしまうので、
向いていないかもしれません。

 

しかしキャンプが目的、あるいはフィッシング、
バードウォッチング、天体観測などが目的であれば、
男性の場合、テント泊も充分選択の余地があるでしょう。

 

中長期で旅に出られ、気に入った場所があったなら、
テント泊はオススメです。
最近では安い値段で、
簡単に組み立てられるテントが豊富にあります。

 

車にもよりますが、テント泊は車中泊に比べ、
居住心地が良くなります。
また、自然との一体感も増し、
過ごした土地への思い入れや思い出も、
濃厚なものとなって残るでしょう。

 

場所はオーソドックスにキャンプ場を利用。
特に初心者は、不備な面やトラブル回避のためにも、
キャンプ場を利用しましょう。
ネットで検索すれば、全国のキャンプ場情報は手軽に入手できます。
出来れば事前に予約を入れておく事です。
ハイシーズンであれば、満杯になっています。

 

キャンプに慣れている場合は、
あえて自分だけのフィールドを見つけてみたいところ。
やはり、ひりひりした孤独感や、
他の人の気配がない静か場所で、
じっくり自分と会話する・・・
これは一人旅の醍醐味です。
キャンプ場では禁止が多い焚き火を楽しむ事も出来ます。

 

場所の選択としては、やはり川辺、湖、海岸沿いなど、
水の近くがベストですね。
ただし、くれぐれも増水には注意、
夏の集中豪雨の際などは、速やかに撤退です。

 

また車中泊とも共通しますが、ゴミなどを絶対に残さない事。
旅人における最大のマナーです。