【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

今しか見る事ができないビューポイント。

大型量販店のチラシではなくても、
「今しかない!今がチャンス」
というあおり文句には誰しもが惹かれてしまいます。

 

移りゆく事象の中で、「今しか見る事が出来ないもの」
を求めるのは、旅に出る大きな動機になるかと思います。

 

今しか見る事ができないもので、
真っ先に思い浮かべるのは何でしょう?

 

季節限定な現象・・・
毎年その時期はやってくるとはいえ、
見頃という点では今しかない!という気分にさせてくれます。

 

春といえば花の開花が代表ですね。
特に桜の開花。
日本人の心の奥底に眠る旅情を、
掻き立てる魔力があります。

 

その他にも梅、ツツジ、
畑一杯の菜の花やチューリップなどは、
春を迎えた幸福感をもたらしてくれます。

 

夏は何と言っても開放感を感じさせてくれる場所を訪れたくなりますが、
今しか見れない!という事になると、
夏祭りや花火などのイベントを思い浮かべます。

 

もちろんお祭りなどのイベントは、
何かしら一年中ありますが、
夏の夜のお祭りには、格別な情緒が潜んでいますね。
蛍鑑賞なんかも、夏ならではの趣にあふれてオススメです。

 

また、フジロックやサマソニなどの、
音楽イベントも夏に集中していますし、
プロスポーツのイベントなども、
夏が一番楽しいと思います。

 

秋はやっぱり紅葉。
山間方面や神社仏閣が見頃の季節です。
夕日が美しい季節でもあり、
写真を愛好する旅人にとっては最高ですし、
旅の情緒を盛り上げる要素は満載の季節ですね。

 

また、食べ物が一番充実している時期です。
美味しい食を求めての旅、
というのもこの季節ならでは。

 

冬はどうしても引きこもりがちですが、
車の旅ならば寒さという要素を、
それほど弱点に感じなくて済みます。
そして冬をじっくり探るとその美しさ、
表情の豊かさに驚き、感動します。

 

オススメはやはり、北海道や東北みたいにあえて寒い地域。
朝日が白い大地をオレンジ色に染める様や、
樹氷や氷霧、ダイヤモンドダストなど
見どころは沢山あります。

 

日常ではお目にかかれない自然現象を、
旅のゆったりした時の中で体験したくなりますね。

 

また秋から冬にかけては、星座や月の美しい季節。
流星群などの一期一会的な現象もこの時期に集中します。

 

季節的な出会いの他にも、
例えば「ナントカ展」ような、
博物館や美術館の歳事、
多摩川の「タマちゃん」のような、
野生動物に会いに行く事も、
「今しかない!」
という気分を高めてくれる旅の要素ですね。